Back

16タイプパーソナルカラー・骨格・顔タイプ診断を受けました

16タイプパーソナルカラー・骨格・顔タイプ診断を受けました

雑誌やメディアに取り上げられることが多くなったり、Twitterでもよく見かけるようになったイメージコンサルティング(通称イメコン)を受けに行きました。

私が受けたのは、パーソナルカラーの中でも春夏秋冬の4分割よりさらに細かく得意不得意がわかる16タイプの診断顔タイプ骨格タイプの3種類の診断です。たまたま目星をつけていたサロンの割引プランがこれだったのと、いつも予約がすぐに埋まってしまうところ奇跡的に取れたので、あまり詳しくわからんけどラッキー!という感じで行きました。。 服装の系統や素材感、形やメイクなどの組み合わせを考えるときに、それらの要素が絡み合っているとのことで、実際受けてみたら「一気にまとめてわかってよかった!!」と思いました。 結果は、診断順に以下でした。

顔タイプ:エレガント 16タイプパーソナルカラー:1st ストロングオータム、2ndビビッドスプリング 骨格:ナチュラル

👩顔タイプ診断

顔タイプに関しては、某化粧品会社のアプリで知って試してみたことがあります。そのときの結果が「ソフトエレガント」だったので、そのへんかな〜とざっくり想定していました。あと、雑誌で「子供顔・大人顔」の分類を知って、絶対に子供ではないな、どっちかというと面長だし目の位置高いし大人顔の方だろうな〜とも思っていました。

顔のパーツを測って点数化して分析します。 結果、大人顔で、直線要素と曲線要素の点数がほぼ同じで中間の「エレガント」でした。 芸能人で言うと、森泉、ローラ、中村アン等…

直線的な「クール」にも曲線的な「フェミニン」にも、メイクや服装で寄せれば振れる位置にいました。 似合う服のテイストや形、柄、小物は骨格よりも顔タイプの影響が大きいらしい。大枠顔タイプに合わせて、そのあと骨格に合うものでバランスを取る、みたいな。 柄が苦手でよくわからないので無地の服ばかり着ているけど、「大きめでインパクトのあるもの」が合うとのこと。小花柄より大きくて細かくない花柄がいい。

また、いろんな形の服を当ててみたり、いろんなバリエーションのアクセサリーや帽子を実際に身につけてみて確認しました。 (パーソナルカラーにも関係してくるところですが)

  • アクセサリー:つやのあるゴールドがよい。大ぶりのごてごてしたものは、素材や形に関わらずだいたいいける。小ぶりで繊細なものは消える。えっつけてる?どこ?ってくらい存在感なくなる。ファーとか、かわいらしいものもしっくりこない。
  • 帽子:ツバが広いハット系がよい。キャップもまあいける。自然素材のくたっとした麦わら帽子とかは疲れた農作業のお母さんになる。

🎨パーソナルカラー診断

自己診断ではイエローベースのオータム。ネットとかに流れてる自己診断リストの、他の季節の項目にほぼ当てはまらないので。。

− 地毛の色:ブラック〜ソフトブラック 目の色:ブラック(「真っ黒ですね!白目と黒目のコントラストがすごい」と言われるくらい真っ黒) 唇の色:元々色がある、くすんでる 肌の質感:つや −

顔にドレープをあてて確認していきました。 シルバー/シャンパンゴールドブロンズゴールド ↓ 各色 ↓ 白・黒のベーシックカラー

結果、迷いなくオータム。要素的に目の色でウィンターもあるか…?という可能性も捨ててはいなかったらしいけど、ドレープ当てたらもうオータム以外なかった。 それからオータムの中で4タイプそれぞれ当てていき、「ストロングオータム」が1stタイプに。 黄みがとにかく得意で彩度の高いはっきりした色がいいということで 「ビビッドスプリング」が2ndタイプ になりました。2ndはその中でも暖色系が。ほぼほぼ1stのみ、と考えた方がよさそう。 ベストカラーは色相満遍なく入っていました。 ちなみに同時に受けていた方は、透明感あるブルーベースの「クリアウィンター」だったので違いが面白かったです。

🙅Not good

青みがとにかくダメ。 一回洗いざらしたようなくすみカラーもよくない。オータムの中でもくすみがあるとダメ。白がとにかくダメ。 これは自分でもよーーく自覚していて、シンプルな白Tは1枚も持ってない。(顔タイプにも関係しているが) 真っ白であればあるほど顔が黄黒くくすむ。

彩度が低いもの、明度が高いものは苦手ということがわかりました。 明度が高いのは十分身に覚えがあったけど、秋の中でもくすみがダメとは。。

🙆Good

とにかく美味しそうな鮮やかで強い色が得意。 黄みが入っていたらとりあえずOK。 強い色に強いので、黒もOK。今までだいたい無難にとりあえず黒を買ってたので、顔を生かす色でよかった。

✋骨格診断

鎖骨がめちゃくちゃ出てる、上半身が薄い、下半身の肉付きがいいなどに当てはまると思ったので、自己診断ではウェーブ。

細かいチェックポイントは省略しますが、服の上から触れて確認しながら診断していきました。 「重心低めのナチュラル」だったので想定と違い驚き。「サロンによってはウェーブと言われることもあるかもしれません」とのこと。たしかに鎖骨は出てるし体全体に厚みはないし腰の位置が低めだけど、手も骨ばっているし体の骨も、しっかりしているようでした。同時に受けていた方はウェーブの診断でしたが、たしかに骨が細かった!これは実際に見てもらわないとわからないな。。 ウェーブだと割と女性らしいシルエットでテイストもかわいらしいに寄せやすいけど、私の好みがそっちではないのでよかった〜という感じ。骨格がナチュラルだと、どちらかというと顔タイプ直線の「クール」に寄せやすい。

⚠️気をつけるところ

  • ウエストマークの位置: ウエストの一番くびれているところ〜腰骨のあたりまで。 胸下ハイウエストすぎると上半身が詰まって見える。(腰骨低く手足短く見えるのが嫌で、割とシャツインやハイウエストを意識していたがベストではなかった模様。)
  • サイズ感:ぴったりだと骨感が出やすいので 気持ちゆとりもって
  • 丈感:Tシャツなら5分袖くらいがベスト。パンツは足首までしっかり長いもの。 半端丈が苦手。ショート丈はよくない、とにかく長く。 顔タイプ的にもショートのダウンジャケットとかはあまり合わない。

ヘルシーな感じになりやすい体つきとのこと。AYAさんになろう。最近走ったりホットヨガをしたりしてNERGYみたいな系統もちょっと関心あったので、ちょっと取り入れてみたいな…と思いました。 「コントラストが強くてインパクトのある感じ、大ぶり、ゴージャス、盛れば盛るほどOK」 というところを意識して生かしていきたいなとおもいました。 アラジンのジャスミン的なやつ。。

https://www.disney.co.jp/fc/princess/character/jasmine.html

感想

「得意なものにフォーカスしていくのでなく、まずは不得意なものを認識してなるべく避けよう!」 というスタンスで取り入れることを勧めていました。不得意なものも、絶対NGというわけではなく自分が好きなら身につけてもいいと思う。けどどうしてもちぐはぐになってしまうしテンション上がらないから自分の場合は選ばないように気をつけていきたいなと思いました。(わかってて買ってもなかなか着なくなる、というのはもうじゅうぶん何回も経験しているし。。)

実際に客観的に見て触れて診断してもらったことで、納得感 がありました。やっぱり自己診断やアプリでは見方のポイントがあまりわからなかったり、そのときの環境に左右されるので、わからない。 服に関しては自分の経験や身近にいる人のアドバイスなど結構合っていたところもあるんだなあと答え合わせをするような感覚になりました。 「初めてみた時もうイメコン受けてきた人なのかと思いましたよ!」「今日着てるその色はオータムさんのだし、カーディガンの形もスカートの形も靴の形もナチュラルさんに合うものですよ!」と話のなかで先生が褒めてくださったりして嬉しかったです。自分の思い込みかな…なんとなく選んできたけど本当に合ってるのか不安だな、もっと合うものがあるんじゃないかな…と、今まで自分に自信がなかったです。

クローゼットのメンバーを振り返った時に、間違ってはいないチョイスだったということがわかりました。(同じ形ありすぎ…) ただ全体的に濁りが多いので、もうちょっと鮮やかな色にも目を向けて、足していきたいと思います。 同じ深みのある赤でも、なんか微妙だなと思っていたものは青みが混じっているからなのかな〜など気づき。

性質を受け入れて、素材を活かせるように、合うのに使ったことない持ってない色や形・素材・柄・普段あまりつけないアクセサリーなどいろいろ試してみたいなと前向きになれました。 他のタイプへの寄せ方、印象操作など、得た知識は応用もできるなあと思ったので、かなり勉強になっておもしろかったです。 友人が受けていた「パーソナルデザイン」も受けてみたいなあと思いました。 *訪問したサロンの先生はとても気さくで楽しかったです。説明も丁寧で、当日見た資料も一部、後日いただけます(ボリュームがすごい)。受けたい人にはおすすめしたい。