Back

はじめてのスパニッシュオムレツ

はじめてのスパニッシュオムレツ

昨年末に引っ越してから、自炊を心がけるようにしています。 あまりにも料理(と、その周辺の諸々)が持続できないので、非常にやさしいルールを決めました。

  • ちゃんとしてなくてもいいから、食べたい日は一品つくる
  • 食べ終わったらすぐ後片付けをする

たったこれだけ。当たり前のことです。 一つ目、「食べたい日は」というところが重要で、そんなに食べたくないのに毎日ノルマのようにつくる必要はないと決めました。だから、昼に会社でもらったマフィンだけ、とか、叔母さんが送ってくれた冷蔵のお好み焼き、とか、サトウのご飯とツナマヨ、とか、なんかカップラーメンの気分だからカップラ、とか、そういう日もあります。平日の夜はつくってもおかず一品といっぱい炊いて冷凍しておいたご飯一膳とインスタント味噌汁(味噌汁に関してはこれがコスパがいい)という質素な夕食です。出来合いのものを買ってすぐ食べるということは滅多になくなりました。 二つ目、ものぐさな自分にとっては結構頑張らないと続けられないことです。でも、ニトリの水切りラックをシンク奥にカスタマイズし、必要最低限の食器だけ使い、乾いたらすぐしまうということに気をつけたら意外と楽に続けられています。デフォルトの食器置き+カトラリかご、包丁立てを追加購入、フックに計量カップやピーラーを下げるなどめちゃくちゃ使いやすい。

https://www.nitori-net.jp/

そしてひとつ気付いたことが、調理スペースがあればやる気が起きるということです。 コンロの数よりも、作業できる面積があることが大事だと思いました。あと、綺麗さ。新しくて綺麗だと、綺麗にしておこうという気が起きる…。

スタート位置が底辺ですが、モチベーションは維持しています。     レシピサイトを見ていておいしそう!と思ったので「スパニッシュオムレツ」をつくりました。

and recipeで紹介されていた、バルミューダのサイトのレシピコーナーの「スパニッシュオムレツ」。 ニトリのスキレットと6年くらい使っている家のオーブンレンジで作ってみた。オーブンに入れる前に火を通す時点で玉ねぎがすごく焦げたけど、マヨネーズとケチャップをつけて食べるとおいしかったです。(皿に移して食べたけど見た目があまりにもお好み焼きだったのでこっちの写真を採用)

最近は平野紗季子さんの底辺料理記の更新を楽しみにしています。

Copyright(c)2017 The worst cooking diary.All rights reserved